読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てるみくらぶ倒産〜子供はやっぱりベトナムに行きたかった

てるみくらぶ倒産に巻き込まれつつ、

ベトナム航空の神対応で、飛行機に乗れることになりました。

 

 

www.richgirl.tokyo

 

 

手を差し伸べあうことの大切さを感じました。。

私ももっとおおきくならなければ。

 

 

子供たちには、

ベトナムに台風がきてるから、行けなくなった」と告げていました。

けれど、てるみくらぶのニュースが連日流れていたので、

なんとなくわかってしまったようでした。

 

てるみくらぶのニュースが流れたらすぐに消し、

私たちもNGワードのように話したり、部屋を変えて相談してたんで

どう伝わったかわからないのですが、感じるものがあったんでしょうか。

 

私は仕事も集中してたので、食事やら時間やらが狂いがちだったし

私も旦那さんも精神的に弱っていたところに

急な対応をいろいろしなくてはならず、、

やっぱり親の様子で子供って何かを感じてしまうもんだな〜と思います。

 

エクスペディアの旅行をキャンセルしたあと、

 

www.richgirl.tokyo

 

 

ベトナムで使う予定だった予算で

キャンプ計画の話を今朝までしていました。

私はベトナム航空券のことを最後まで調べてて

キャンプのほうは旦那さんにまかせきり。

旦那さんも仕事をいつもより詰めてたので、疲れているところに一人で準備。

旅の日程も行き先もきちんと話ができない状態だった。

 

日程のこと、行き先のこと、

はたまた4/1成田に当日突撃するかどうか、

もろもろが直前になりすぎて、二人で真っ白になってしまいました。

昨日は旦那さまが夜遅い帰宅で、朝の短い時間でしか話ができず、

結局宙ぶらりんのまま旦那さんは出社しました。

 

なので、ベトナム航空の対応はほんとうにありがたかったです。

 

そして、部屋で遊んでいる子供達のもとへ!

病み上がりの長女は朝から「なんだか疲れた、、」とベットに戻っていたんです。

次女もとなりでゴロゴロしていました。

 

ベトナム、行けることになったよ!!!」

と私が言ったときの彼女たちの顔が忘れられません!

 

とにかく明るい次女は目をまんまるにして抱きついてきました。

おとなしい長女は大きな笑みを浮かべて

「すごい、ラッキーだね!!」と一気に明るい表情に。。

 

そうだ、最初の目的は

この子たちに世界を見せてあげるためだったんだ。

お金じゃないのに、私は変なとこに執着してしまっていたなあ、、

と思いました。