わたしの子連れベトナム旅行32〜ベトナム生まれMAROU(マルゥ)チョコレートレビュー

まだまだ続いてしまうベトナム旅行記。

以前、日本人の間でお土産の定番となりつつある

Pheva Chocolateのレビューを書きました。

 

www.richgirl.tokyo

 

少し辛口のレビューになってしまった。。ように思いますが、あらためて読み返しても正直な気持ちは変わらないので、そのままにしておきます。

 

 

そして、もったいなくて食べれなかった、ベトナム産カカオにこだわったフランス人プロデュースのMAROU(マルゥ)チョコレートをようやく食べましたので

レビューさせていただきます。

 

私が購入したのはこちら。ラムドン74%

 

 

shop.marou.jp

 

f:id:richgirl:20170505214752p:plain

素敵なパッケージの中を開けるとゴールドの包み紙。これはこれは洗練された演出。。

 

 

f:id:richgirl:20170505215027p:plain

 

チョコレートのボディの模様デザインはそれぞれの種類によって違うみたい。

 

私がラムドン74%を選んだのは、お店のお姉さんが「数字が大きいほど甘くなります」と教えてくれたから。公式サイトの案内をみているとそれは少し乱暴な説明で、問題なのは「甘み」ではなく、「風味」なので、もっときちんと商品を理解した人に説明してもらえばよかった。。私も何も知らないで買ったんだけど、ラムドン74%は定番商品みたいなので、結果的に良かった。

 

 

いくつかのベトナムの豊かな土壌から生まれる違いから生まれる風味にこだわり、純粋なカカオを味わうというコンセプト。

おそらくこのチョコレートを食べたことのあるベトナム人は少ないと思う。でも、このチョコレートにはベトナムの香りがするのだ。ベトナム全土より、それぞれの土地が醸し出す個性をカタチにし、ストーリーを感じさせる1枚に仕上がりがこころにくい。

www.marou.jp

 

 

食べてみたくなるでしょう?そして、その土地のことをもっとしりたいと思うでしょう?

1つの国のカカオにこれほどこだわったチョコレートってどのくらいあるんでしょう?今までいたずらにフレーバーを合わせたショコラに喜んでいた自分が少し恥ずかしく思えたりもしました。

 

パッケージ買いもしたくなるような美しさでしょ。

Marou + *Wallpaper Magazine UK (with Japanese Subtitles) on Vimeo

作業の工程を見てしまうと、とても捨てられません。。。

 

 

日本では1枚1,350円/80g(公式サイトから)

ベトナムだと1枚10,000ドン〜/80g

 

この価格差、おみやげはもうコレに決まりでしょ。

ただし、「チョコレート」として食べると甘みも少ないし、これはショコラ経験値のある「分かる」人向けで。ベトナムのどこそこ産のカカオで、この土地は・・・なんて膨らみのある話をしながら、ワインを飲みながら、、とかそういう演出が似合いますね、このMAROUは。