読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供を持ちながら仕事をするということ〜純粋な楽しみを忘れて

richgirlです。

 

子連れで海外旅行ブログをうたいつつ、日々のタレごとなどもここに書いていいんだろうか。もう、すでに書いてしまっていますが。

 

 

ゴールデンウィークが明けて、仕事も子供の行事(PTAほかの集まり含む)も急に集まってきて、たぶんどちらかだけだったらそんなに大したことはないんだろうけど、どっちもきちんと、というと1日でも何かずれたらヤバい、という状況になってしまっている。

 

カレンダーを見つめても予定が重なるばかりで、しょうがないので何かをけずる。子供のランチ会や親睦会など、私がいなくてもいいものからバツマークをつけていく。。

 

フリーランスの身なので、不定期にくるお仕事はできるだけ受けたい。冬が閑散期だったので、今は頑張りたいところなのです。

 

そうすると、「日々をこなす」ことに自分を消費してしまって、仕事をしている「楽しみ」、子供といる「楽しみ」がほぼなくなっていることに気がついた。深夜3時のこと。

 

これがお金を得るということかな、なんて思ってしまう深夜3時。

 

両方楽しみたいなんて思うのは「欲張り」になっちゃうのかなと思う深夜3時。

 

私は深夜3時に起きて何をしているんでしょう。きょう、日曜は子供も夫もいるので仕事の時間が作れないから早起きしたけど、結局こんなことをブログから世界に垂れ流すことをコーヒーを飲みながらやっている。

 

 

子供を持ちながら仕事をするということのジレンマは、ずっといつまでも解決法が見つからない気がする。こういう日もあれば、こんなことを考えない日もある。それぞれの親子、仕事内容で事情も違う。

逆にこういうことを考えてしまうのはある種の「余裕」があるのかもしれない、とも思う。

 

最後に思うのは、「子供のいま」が犠牲にならないように気をつけなくちゃな、ということ。