子供と海外旅行〜春は香港・15〜私的香港ベストガイドブックはこれ!

 

richgirlです。

 

まだ香港に行ってないのに、すでに10以上の記事を書いてすいません。

 

さて、今回もちまたにあふれまくる香港ガイドブックを異論反論オブジェクション的ですが、私的にレビューしてしまいます。(私の好みです)

 

まず、前回の台北旅行でナンバー1に輝いたハレ旅シリーズより「ハレ旅 香港&マカオ

あいかわらず、持ち歩くのに抵抗のないおしゃれなルックスがポイント高い。

地図が充実、そして目的別の特集がわかりやすい、基本情報は簡単にまとめている。

ということで台北版と同じ構成です。

 

 

そして老若男女がまずは手にする「地球の歩き方 香港 マカオ 深セン

マカオだけでなく、深センまで名前を連ねているとおり、香港島だけでない香港の幅広いエリアを網羅しています。初心者にも「香港」全体図が見渡せる充実した内容。

 

そして「るるぶ 香港 マカオ」 

香港を思いっきり楽しみた〜い!という面では死角なし!見所満載の香港の「楽しみ方」をケースごとに攻略、また「食べる」「買う」なども目的ごとに紹介されてて、いつになくわかりやすい(すいませ〜ん)!

 

 

子供がいなかったらこれ参考にしたいなと思いました。「HONG KONG 24 hours 朝・昼・夜で楽しむ 香港が好きになる本

時間を自由に使える若者さんだったら、本当に24時間フルに使ってあっちこっち行きたい。軽いフットワークがほんと羨ましい〜!

 

ちょっと偏ってますがこの本欲しいなと思ったのが「週末香港、いいもの探し

好みでセレクトされているので、みる人によって感想は違うと思いますが、香港だからこそのいいもの、がきちんと選ばれているのがとても良かった。

 

 

あと数冊読みましたが正直物足りなかったり、完全男性目線なのか誰に向けたガイドブックかわからないやら、、でレビュー省きます。

 

 

そんな私が選んだ、今回のナンバーワンは!

地球の歩き方 香港 マカオ 深セン

内容が他の地域よりディープで読み応えあり。おそらく優秀な現地ライターも参加しているのでは。長らく日本人に旅されてきた香港だからこそ展開できる切り口の特集などがあり面白かった。

初心者に必要な情報はもちろん、プラスアルファの読み物が歩き方他エリアより充実している気がする。また、香港島や九龍近辺に偏りがちなガイドブックとは一線を画し、香港の幅広いエリアを紹介することで多彩な香港の魅力を知ることができる。

 

 

香港島、九龍、マカオにいければいいの〜という人にはこれ!

るるぶ 香港 マカオ」 

攻略本的なアプローチなので、情報あふれる香港旅行に「こうすればクリアできる」的お助け存在になりそう。

 

私は今回も「ハレ旅」を購入してしまったけれど、香港版は特集が弱いです。上の2冊に比べて。ただ、地図は豊富で使いやすそうだし、内容のレイアウトも見やすくてかわいいし、その他のガイドブックと比べて全然良かったです。ちゃんと選んで購入しましたですよ。

思ったより地球の歩き方とるるぶの香港版が良くてびっくりしたのが、今回のガイドブック選びでした。