peach深夜早朝便で韓国・ソウル1泊2日に挑戦・4〜行ってきました。というか今羽田で始発待ち

richgirlです。

 

行ってきました。

ピーチ深夜ソウルの旅。

 

無事旅程通りに飛行機は飛んで、今現在始発待ち

意外とたくさん人もいて過ごしやすいので、羽田で始発を待ってみることにしました。

 

到着ロビーは同じような人でベンチが溢れてて、いまいちの雰囲気だったので、出発ロビー24時間営業のCafe Cardinalで早すぎる朝食を食べてみました。

 

同じカフェで時間をつぶしている20代後半の女性の恋バナが面白くて楽しく過ごしてます。今も昔も同じようなことやってるんだなぁ!という感じ。彼女たちが出発でいなくなるまでに、職業が知りたいです。金髪だけどいけてる金髪で、話もそんなにバカっぽくないので、どこかにきちんとお勤めっぽいんですが、、出てくる男がバリエーション豊かなので聞いてて飽きないです。

それにしてもこれだけ始発駅待ってる人がいるなんて。始発大混雑なのかなと心配です。

 

 

さて、話が横にそれてしまいましたが、結論として

ピーチの深夜早朝便ソウル行き、40代半ばの私も大丈夫でした!

 

ピーチのソウル便は若い女の子だけでなく、私よりさらに一回り上のお姉さんたち(推定50代)も利用してましたよー。体育会系の男も利用されてたり、思ったより市民権を得てるみたいですね。そりゃそうか。

 

 

その一回り上のお姉さんズはしょっちゅう海外に行っているようで、これまたソウル出国に1時間くらい並んで待たされたんですが、横耳アワーで楽しい話を聞かせていただきました。

 

ひとりはマツコ・デラックスをもっと小さくしたキャラでおそらく独身、もひとりは外見はインド人のようなのに声や性格は純日本人、お子さんは成人。

 

会社の仲間で毎年ベガスに繰り出してるらしく、基本ベガスの話~他海外の話。ソウルの早朝寝れそうなカフェの話など、参考になるトピックもありましたですー。

 

インド人は子育てがほぼほぼ完了し、ようやく会社仲間のベガスに参加できるようになったもよう。

一方のマツコは休みなく海外に行っている感じで、ベガスのショーの話がまるでディズニーのショーのレベルに聞こえてくるくらいリピーター。ソウルも幾度となく訪れ、インド人に海外旅行の心得をとくとくと説きます。

ここらへん、独身と既婚の格差、女性ならうんうん、とうなずいてしまう設定です。既婚はそんな独身がうらやましいし、独身は謳歌しながらもむなしいのよね。

 

マツコの話は分かりやすく的確なので、仕事は出来そう。というか、こういう人と海外行くと楽だよねー。

というわけで、まだまだ私もピーチ乗っていい年齢のようです。

 

 

ほんと、あとはこの始発待ちがなければなー。もともと私は夜遊びするときも2時くらいに帰っちゃうのが好きでした。朝まで飲まないの。実家が新宿だったからなんとかなったし、弟が迎えに来てくれたりしてねー。少しでも寝ないと次の日だめなんです。

 

今日は寝ないで始発待ち。羽田に泊まりたかったけどそうしないでがんばってるのは、朝、学校に行く子どもと会うって約束したからね。旦那さんも会社これ以上休ませられません。

 

そのあと、始発。

モノレールより京急のほうが5分ほど早く改札がオープンしました。モノレールは直前にちゃんと開きますので、慌てずゆっくり待ちましょう! 

 

 

 

つづき

www.richgirl.tokyo