子供といっしょ〜20年春オープン!MESM東京オートグラフコレクション子連れ宿泊記・1

richgirlです。

 

コロナ下、いかがお過ごしですか。

東京在住なので、いろいろ、、

子供との移動やレジャーにもかなり頭を悩ませています。

 

しかし、時は待ってくれない。私も、子供も年をとる。

とくに瞬間で生きる子供たちにとって

閉じこもってばかりいるわけではないのです。

 

 

私は、コロナはいつかは国民ほとんどが何かしらの形で感染し、

常につきあっていかなければいかないウィルスとして行動する。

リスクを理解し、周囲に配慮し、状況に合わせて判断していかなくては。

コロナの致死率、持病のある方への考慮、感染力の高さ、

重症化率、それを頭に入れて

自分の行動を選択する。

 

命を守る行動とは?を

一人ひとり自分で考えて行動しなくてはならないみたい。

 

迷走するGo to キャンペーンや行政を横目に自分の頭で考えて結論を出す。

しばらくこれが続くから、

元に戻るのを待つより、意識の切り替えをしていかねば。。

 

 

小学生6年と3年の子供を持つ私にとって、

家族で一緒に過ごせる時間は結構短くなってきてる。

今年度小学校卒業を迎える長女のために、いろいろ私は準備してきました。

でも、でも、ほぼほぼキャンセル。

長女自身が企画してきた、楽しみにしてきたものも。

 

 

誕生日は近い。

そこで12歳になる前に、最後の添い寝宿泊@東京を企画

(マリオット系列は11歳までが多いです。学年より年齢なんだそう。

実際、確認はされないようですが、、子供の前で嘘はつきたくないから〜)

 

ホテルステイが好きな方は東京在住でも宿泊されるみたいですが、

私みたいな貧乏症は、、東京に泊まるなんて今まで頭になかったんです。。

 

 

そこで、選んだのは、今年春オープンしたて

メズム東京 オートグラフコレクション

https://www.mesm.jp

www.marriott.co.jp

 

新しくオープンしたウォーターズ竹芝の一環のようです。

waters-takeshiba.jp

 

お隣は劇団四季の劇場もあるアトレ竹芝

atre-takeshiba.jp

 

本来は劇場四季で観劇したあと、ゆったりとステイ

という使い方が子連れにも良さそう。

実際今年うちが計画してた一つですそれは。

 

観劇のあとって、食事も帰宅もあわただしいですよね。

余韻にひたりたいのに。

今はタイミングが合いませんでしたが、いつか実現させます。

 

 

そうそう、今回はこんなタイミングのおかげ?で、

東京ならではの、モダンで静かな非日常な時間を過ごせましたよ。

これは「メズム東京」の世界観のおかげであることは間違いないでしょう。

 

あと、ところどころに遊びがあって、それは意図的なのに、

逆に違和感を感じてしまうところもあるかと。

そこを楽しめるかどうかのホテルかもしれません。

スタッフも全般的に若いので、ある意味で足りないところもあります。

が、フレッシュさがそれをカバーしています。

 

 

さて、モダンなホテルですが、ホントに子連れでも歓迎モードなのか?

早速レビューいきたいと思います。

 

つづく。

 

www.richgirl.tokyo